星を仰ぐ人間

Twitter @tsumasaki_zuka

【amazon videoで】いちオタクが独断と偏見で選ぶ、きっとオタクが好きな宝塚の作品【みれるよ】

 

※情報は2020年3月17日現在のものです。

 

あらゆるエンターテインメントが自粛に自粛で大変な昨今です。

しかしこんな時だからこそなんらかの形でエンターテインメントに触れたい!経済をブン回したい!そんな時に便利なのがオンデマンド配信ですね。

 

宝塚歌劇も都度課金ですがオンデマンド配信があります。

 

今回はオンデマンド配信されている作品の中から「オタクが好きなやつだ……!」「オタクに刺さるやつだ!」と私が(あくまでも私個人が)思ったものをいくつか紹介していきます。ここで言うオタクは「特にアニメ、漫画などのサブカルチャーにたくさん触れて育った人」ぐらいのフワッとした意味でとらえて下さると幸いです。

 

選定基準は

・初心者に安心しておすすめできる演目

・オンデマンドでフルで配信中

・個人的にオタクが好きそうだと思ったやつ

の3点です。なので前紹介したやつと被ってたりしますが悪しからずご了承ください。

 

 

 

 

 

エリザベート(2014年花組ほか)

 

 

「死」が人に恋をするーー

トート(「死」の概念のようなもの、銀髪の美しい死神のような姿をしています)が自由に憧れる少女(のちの皇后エリザベート)に恋をします。

心優しい皇帝フランツ、そもそもオタクが好きな語り部という概念であるルキーニをはじめオタクに刺さる要素がいっぱい!

今回紹介しているのは明日海りおさんがトートを演じているバージョンですがサムネを見ていただいたらわかるように美がすごいです。「死」そのもの。

どこか耽美で退廃的な雰囲気を好むオタクには特に観ていただきたい一本となっております!

またエリザベートは再演を繰り返す(何パターンも種類がある)名作でもあります。見比べてお気に入りのエリザベートを見つけるのもいいでしょう。

 

 

銀河英雄伝説@TAKARAZUKA(2012年宙組)

 

 

言わずと知れたSFの金字塔が宝塚にやって来た!サイコーのビジュアルとサイコーの舞台を全力で楽しもう!

SF・軍服・金髪ロング・男の友情・自立したヒロイン……このどれかひとつでも好きな要素があるのなら絶対に観るべき一本です。

戦闘の場面はダンスで表現!主人公であるラインハルトを演じる凰稀かなめさんが、長い金髪をなびかせマントをさばく様は必見!

ダイナミックな舞台づかいに定評のある小池修一郎先生による舞台はこび・演出にも要注目です!

 

 

 

Thunderbolt Fantasy(2018年星組)

 

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀('18年星組・台北・千秋楽)

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀('18年星組・台北・千秋楽)

  • 発売日: 2019/08/01
  • メディア: Prime Video
 

台湾の伝統的な人形劇・布袋劇を日本と台湾が合同で製作、オリジナル脚本はあの虚淵玄さん、それをまさかの宝塚化。澤野弘之さんが原作のために作った音楽や原作のオープニング曲もしっかり取り入れられています。

単純にビジュアルの完成度がハチャメチャに高い上に長い原作をうまいこと一時間半にまとめてあります。どのジェンヌさんも原作の声優さんのお芝居のニュアンスを汲み取るのがとても上手く、特に終盤の怒濤の展開とある人のかっこよさは鳥肌ものです。

 

 

 

the WILD meets the WILD(2013年宙組)

 

the WILD Meets the WILD('13年宙組・バウ・千秋楽)

the WILD Meets the WILD('13年宙組・バウ・千秋楽)

  • 発売日: 2019/04/01
  • メディア: Prime Video
 

男同士の巨大感情ウエスタンもの!!!!!!!!

この一行で説明終えようとしたんですが流石にやめておきます。とにかくウエスタンな世界で男性同士が一言では言い表せない複雑な関係性に陥っている様を見るのが大好きな人に特に観ていただきたい一本です。あとヒロインの女の子が破天荒だけどちゃんと意思を持った女の子として描かれていて最高です。

 

 

 

 

アリスの恋人(2011年月組)

 

アリスモチーフのどこか乙女ゲーチックな世界観!Elements Gardenによる楽曲提供!

不思議の国のアリスに一度は夢を見たオタクは少なくないのではないでしょうか?そんな方にもそうでない方にも是非一度観ていただきたいのがこちらの『アリスの恋人』です。とにかく登場人物がみんなかわいかったり「オタクが好きなやつやん!!!!!!!!」ってなるやつだったりするからみて。うたプリなどでおなじみのElements Gardenによる楽曲もあります。特にアリスモチーフ好きな方には観ていただきたい一本となっております。

 

 

 

BADDY-悪党は月からやって来る-(2018年月組)

 

BADDY-悪党は月からやって来る-('18年月組・東京・千秋楽)
 

舞台は地球首都・TAKARAZUKA-CITY。世界統一され、戦争も犯罪も全ての悪が鎮圧されたピースフルプラネット“地球”に、月から放浪の大悪党バッディが乗り込んでくる。バッディは超クールでエレガントなヘビースモーカー。しかし地球は全大陸禁煙。束縛を嫌うバッディは手下たちを率い、つまらない世の中を面白くするためにあらゆる悪事を働くことにする。彼の最終目標はタカラヅカ・ビッグシアターバンクに眠る惑星予算を盗み出すこと。しかし、万能の女捜査官グッディの追撃が、ついに彼を追いつめる!(公式ホームページより引用)

こちらは歌と踊りで構成されたショーですがまあ最初から最後までオタクが好きな要素詰め合わせですね……。サングラスが似合う男役、男とも女ともつかない人と男性の愛、シガーレットキス、怒りのロケットなどなど……うまく説明できないのがもどかしいですね……

ちなみにカラオケではDAMのまま音で色んな宝塚の映像を流せるのですが、身内のオタクの集まりで色々流したなかで最も評判がよかったのがこの作品でした。初心者にこの作品を見せることに異を感じる方、ご安心ください。でも宝塚初心者の方は、ある程度宝塚を見慣れたあとにもう一度このショーをみるとさまざまな発見があると思いますよ。

 

 

 

 

おわりに

宝塚はたぶん宝塚知らない人が想像する以上に自由で面白くて、オタクが好きな要素がてんこ盛りです。これを機にぜひ一度は宝塚に触れてみてくださいね!また、どれも素晴らしい演目ばかりなので「宝塚は好きだけど昔の演目はよく知らないなあ」なんて方もぜひ取っ掛かりにしていただけたら幸いです。今後も不定期で宝塚を紹介する記事を書くのでそのときはぜひよろしくお願いします。

 

 

 

七海ひろきさん初心者におすすめしたい、ネットで観れる宝塚時代の映像

 

七海ひろきさん、宝塚歌劇団を退団後あらゆる方面で活躍されていますね。

 

https://youtube.com/watch?v=5P-Ketei1WA

 

https://m.youtube.com/watch?v=bKmmTe6AdKk

 

この記事では「最近七海さんを知ったけど何を観ればいいかわからない......」「七海さんのことをもっと知りたい!」という方向けに七海さんの宝塚時代のネット配信されている映像を紹介していきます。(情報は2019年12月現在のものです)

どの作品も安心して初心者さんにオススメできる演目なのでお好きなものからご覧ください!

(何故かYouTubeの埋め込みがうまくいかないのでクリックして再生してね)

 

 

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/(2018年星組)

https://youtube.com/watch?v=YYNfb_BjHmA

 

個人的に七海さんのかっこよさがいっとう発揮されていたと思うのがこの作品です。虚淵玄さん脚本の台湾の人形劇が原作です。

七海さんが演じるのは原作では諏訪部順一さんが演じていらっしゃった殤不患というお役です。

とにかく徹頭徹尾かっこいい、男前な七海さんを楽しむことができますよ。そして諏訪部さんのお芝居のニュアンスを汲み取るのがメチャメチャ上手いんですよね......

 

 

 

THE SCARLET PIMPERNEL(2017年星組)

 

THE SCARLET PIMPERNEL(’17年星組・東京・千秋楽)

THE SCARLET PIMPERNEL(’17年星組・東京・千秋楽)

  • 発売日: 2019/01/01
  • メディア: Prime Video
 

こちらは革命後の混沌としたフランスが舞台の冒険活劇。のはずですが......

七海さんが演じるのは主人公から見たら敵役であるマクシミリアン・ロベスピエールです。七海さんのお芝居に注目してみると、この作品が希望をを抱いた青年の挫折と終わりの物語に見えてくるでしょう。

それほどに七海さんのお芝居は強い力を持っています。

 

 

 

the WILD Meets the WILD(2013年宙組)

 

the WILD Meets the WILD('13年宙組・バウ・千秋楽)

the WILD Meets the WILD('13年宙組・バウ・千秋楽)

  • 発売日: 2019/04/01
  • メディア: Prime Video
 

男同士の巨大感情!

割と、本気(マジ)で、西部劇(ウエスタン)(公式キャッチコピー)!

この言葉にピンときた方、さあ観るんだ!

後述の『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』の後に観るとよりエモい気持ちになれるかもしれないです。

 

 

 

銀河英雄伝説@TAKARAZUKA(2012年、2013年宙組)

 

あの銀河英雄伝説が宝塚に!しかも七海さんが演じるのはミッターマイヤー!

漫画やアニメが好きだという七海さんの強みが存分に活かされています。

のちに相棒的存在・ロイエンタール役の蓮水ゆうやさんとダブル主演をしたのが前述の『the WILD Meets the WILD』なのです。

博多座版(下のやつ)では悪役・オーベルシュタインを演じられています。こちらも必見です。

 

 

 

燃ゆる風−軍師・竹中半兵衛−(2017年星組)

 

燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-('17年星組・バウ・千秋楽)
 

こちらは七海さんの単独主演作品です。

当たり前だけど単独主演なので出番が多い、そして竹中半兵衛というお役自体もかっこいい。

時代のうねりの中を全力で生き抜く七海さんの竹中半兵衛は最高です。お話自体も泣けます。

 

 

 

ANOTHER WORLD(2018年星組)

https://youtube.com/watch?v=YdtSPmkRQVQ

これまでの作品と打って変わって可愛らしい感じの七海さんを楽しめます。

舞台は江戸時代、あの世で繰り広げられる冒険ラブコメディ!と書くと訳がわからない感じがしますが思いっきり笑えて元気が出るいい作品です。

あととにかく七海さんがかわいいです。

 

 

 

おわりに

他にもたくさんオススメしたい作品はあるのですが永遠に続きそうなので切り上げます!

七海さんと出会うきっかけは人それぞれだとは思いますが、七海さんの素晴らしかった宝塚時代を知るための一助になればと思います。

過去の作品をみて宝塚歌劇そのものが気になりだした方は【宝塚初心者さんへ】ネット配信でお手軽に宝塚歌劇を観よう!2019年12月版 - 星を仰ぐ人間の方も参考にしてみて下さいね。

 

 

【宝塚初心者さんへ】ネット配信でお手軽に宝塚歌劇を観よう!2019年12月版

 

以前は敷居が高いように感じた宝塚歌劇ですが私がファンになった頃と比べたらだいぶ初心者さんにも優しくなったと思います。(東京等のチケットは別ですが......)

 

しかし「宝塚が気になっているけど何から始めたらいいかわからない...」という方もまだまだ多いはずです。

そんな方にオススメしたいのがamazon楽天などのビデオ配信サービスで宝塚歌劇を観ることです!

 

基本的に宝塚は見放題サービスにはないのですが(要はレンタルですね)思いのほかお手軽な価格で(お芝居フルで550円〜!)宝塚歌劇を観ることができますよ。(楽天では宝塚だけの定額見放題サービスもあるようです)

 

ただ「いっぱいあって何を選べばいいか分からない」という方もいらっしゃると思います。そこで配信されている中から初心者さんにおすすめの演目を紹介していこうと思います!(なお情報は2019年12月現在のものになります)

 

その前に......

「実際にお金を払う前にお試しで観てみたい」という方はまず宝塚歌劇公式youtubeチャンネルをみましょう。各公演のダイジェスト映像、制作発表会の映像等を観れますよ。

 

 

初心者おすすめ演目〜とにかく男役さんがカッコいいやつ〜

 

エリザベート(2014年花組ほか)

 

一言で言うならば「死が人に恋をする」お話です。この一言にピンと来たらすぐに観てください。

1800年代、黄昏のウイーンを舞台に繰り広げられる耽美的なトート(死そのもの、死神のようなものです)とシシィ(オーストリア皇后エリザベート)の恋物語です。どこかで名前や曲を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

エリザベートは再演を重ねる人気演目の一つです。様々なバージョンがあるので見比べて楽しむのも良いですよ。

 

銀河英雄伝説(2012年宙組)

 

あのSF小説銀河英雄伝説』を原作にしたミュージカルです。

当時のトップスター・凰稀かなめさん演じるラインハルトがかっこよくてかっこよくて......金髪をなびかせ、軍服を着て、マントを翻すお姿があまりにも美しすぎます。ダイナミックな演出やお話も面白く、没頭している間に2時間半があっという間に終わりますよ。

 

阿弖流為(2017年星組)

泣けるやつで取り上げようか迷ったのですが、礼真琴さん演じる蝦夷の英雄・阿弖流為がかっこよさすぎるのでこちらで取り上げます。

舞台は8世紀の日本、戦い抜く英雄・阿弖流為蝦夷との友情、ヒロインとの恋模様、坂上田村麻呂との関係性を描いたミュージカルです。

とにかく歌ダンス芝居のレベルが非常に高く、物語もラストは号泣間違いなしです。私は1幕から泣いていました。

 

初心者おすすめ演目〜明るくハッピーな気持ちになれるやつ〜

 

ME AND MY GIRL(1995年月組ほか)

 

ME AND MY GIRL ('95年月組・宝塚)

ME AND MY GIRL ('95年月組・宝塚)

  • メディア: Prime Video
 

こちらも再演を重ねる人気演目の一つです。今回はあの天海祐希さんがトップスターとして主演をつとめたバージョンをご紹介します。

下町の青年、だけど実は貴族の世継ぎだったビルとその恋人・サリーの恋と成長の物語です。楽しい楽曲が多く、なによりビルとサリーの恋模様にキュンキュンさせられます。ラストには思わずホロリとしてしまうでしょう。

 

めぐり会いは再び(2011年星組)

 

マリヴォーの『愛と偶然との戯れ』を大胆に脚色した、アニメチックな世界で繰り広げられるロマンティック・コメディです。平井堅さんの楽曲もあるよ!!!何よりヒロインの夢咲ねねさんが可愛くて可愛くて仕方がないんだ。「宝塚でこんなことやってもいいんだ!?!?」という驚きもたくさんありますよ。

PUCK(2014年月組ほか)

 

PUCK('14年月組・東京・千秋楽) 月組 東京宝塚劇場

PUCK('14年月組・東京・千秋楽) 月組 東京宝塚劇場

  • 発売日: 2018/02/09
  • メディア: Prime Video
 

こちらはシェイクスピアの『夏の夜の夢』を下敷きにした現代もののミュージカルです。森の妖精・パックと人間の女の子・ハーミアの恋を描くコミカルでロマンチックな物語です。松任谷由実さん提供の主題歌「ミッドサマーイブ」も必聴!こちらもラストは笑って泣けるいい終わりです。

 

 

初心者おすすめ演目〜泣けるやつ〜

 

うたかたの恋(2018年星組ほか)

 

うたかたの恋(’18年星組・中日)

うたかたの恋(’18年星組・中日)

  • 発売日: 2019/10/01
  • メディア: Prime Video
 

古き良き時代のザ・宝塚!!!!!な演目をみたいならこれ!!!!!!!!オーストリアの皇太子・ルドルフ(前述の『エリザベート』にも登場しますね)とマリー・ヴェッツェラの心中物語です。悲しくて仕方がない、でもきっと本人たちにとってはこれが一番幸せだったんだ、そう思いたい、という感情を味わえますよ。

 

 

 

星逢一夜(2015年雪組)

 

こちらは誰一人として救われない物語です。客席のすすり泣きの嵐を昨日のことのように思い出します。

江戸時代中期、身分が違う人々の友情と別れ、恋、そして戦い...誰もが自分の人生を生き抜こうとした、そんな悲しい物語です。

 

クラシコ・イタリアーノ(2011年宙組)

 

こちらは泣ける演目に入れましたが最後は爽やかな気持ちで終えることができるでしょう。

舞台は1960年代のイタリア、スーツ作りに命をかける人々の物語です。職人の想いや人々の絆を魅力的に描き出します。そしてスーツ姿の男役さんがかっこいいんだなこれが。

 

 

 

おわりに

今回は初心者の方におすすめできる宝塚の演目を紹介してみました。どれもこれも魅力的な演目ばかりで絞り込むのにかなり時間がかかりました.......!今後とも様々なテーマで宝塚の演目を紹介していこうと思うので是非また見てやってくださいね。

 

 

 

 

【再掲】碧海さりおさんのお茶飲み会に行ってきたよ

 

※note( https://note.com/tsumasaki_zuka/n/n4db58bf9fcb9 )に上げた文章の再掲です。

 

 

※レポ禁だけど感想はOKだよというアナウンスがあったので感想のみです。短めです。

『食聖/エクブリ』大劇場・東京共に宝塚歌劇団星組101期男役・碧海さりおさんのお茶飲み会に参加してきました。

楽しかった!温かくて幸せなひとときを過ごせました。

 


舞台の上での碧海さんってとにかく眩しくてきらきらしていて見ていて釘付けになるのですが、何というべきか、その眩しさやきらきらはお人柄と地続きになっているものなんだろうなあ、と思ったお茶飲みでした。

言動から宝塚の舞台に立つこと、男役でいること、踊ること歌うことお芝居すること、人を楽しませることへの意欲や向上心、こだわりを強く感じました。あと打算や妥協がない。単純に男役としてもかっこいいけど、そういった在り方もとてもかっこいい方だなって思います。

そして「人を楽しませること」にも繋がるのですがお話が上手い!人を丸め込む、かは分からないけど(笑)、テンポよく順序よくいろんな話をしてくださるので頭のいい方なんだと思います。

あと強く感じたのは碧海さんのお優しさです。もう本当に素晴らしいお人柄の持ち主なんですが詳しく語れそうにないので実際にその目で確認してください。善なる人なんだ......

 


とにかく本当に楽しくてあっという間な時間でした!碧海さんは舞台上でも舞台を降りても魅力が溢れまくってる方なので是非みなさん碧海さんを見つけて、そしてお茶飲み会に足をお運びください!