星を仰ぐ人間

Twitter @tsumasaki_zuka

【宝塚初心者さんへ】ネット配信でお手軽に宝塚歌劇を観よう!2019年12月版

 

以前は敷居が高いように感じた宝塚歌劇ですが私がファンになった頃と比べたらだいぶ初心者さんにも優しくなったと思います。(東京等のチケットは別ですが......)

 

しかし「宝塚が気になっているけど何から始めたらいいかわからない...」という方もまだまだ多いはずです。

そんな方にオススメしたいのがamazon楽天などのビデオ配信サービスで宝塚歌劇を観ることです!

 

基本的に宝塚は見放題サービスにはないのですが(要はレンタルですね)思いのほかお手軽な価格で(お芝居フルで550円〜!)宝塚歌劇を観ることができますよ。(楽天では宝塚だけの定額見放題サービスもあるようです)

 

ただ「いっぱいあって何を選べばいいか分からない」という方もいらっしゃると思います。そこで配信されている中から初心者さんにおすすめの演目を紹介していこうと思います!(なお情報は2019年12月現在のものになります)

 

その前に......

「実際にお金を払う前にお試しで観てみたい」という方はまず宝塚歌劇公式youtubeチャンネルをみましょう。各公演のダイジェスト映像、制作発表会の映像等を観れますよ。

 

 

初心者おすすめ演目〜とにかく男役さんがカッコいいやつ〜

 

エリザベート(2014年花組ほか)

 

一言で言うならば「死が人に恋をする」お話です。この一言にピンと来たらすぐに観てください。

1800年代、黄昏のウイーンを舞台に繰り広げられる耽美的なトート(死そのもの、死神のようなものです)とシシィ(オーストリア皇后エリザベート)の恋物語です。どこかで名前や曲を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

エリザベートは再演を重ねる人気演目の一つです。様々なバージョンがあるので見比べて楽しむのも良いですよ。

 

銀河英雄伝説(2012年宙組)

 

あのSF小説銀河英雄伝説』を原作にしたミュージカルです。

当時のトップスター・凰稀かなめさん演じるラインハルトがかっこよくてかっこよくて......金髪をなびかせ、軍服を着て、マントを翻すお姿があまりにも美しすぎます。ダイナミックな演出やお話も面白く、没頭している間に2時間半があっという間に終わりますよ。

 

阿弖流為(2017年星組)

泣けるやつで取り上げようか迷ったのですが、礼真琴さん演じる蝦夷の英雄・阿弖流為がかっこよさすぎるのでこちらで取り上げます。

舞台は8世紀の日本、戦い抜く英雄・阿弖流為蝦夷との友情、ヒロインとの恋模様、坂上田村麻呂との関係性を描いたミュージカルです。

とにかく歌ダンス芝居のレベルが非常に高く、物語もラストは号泣間違いなしです。私は1幕から泣いていました。

 

初心者おすすめ演目〜明るくハッピーな気持ちになれるやつ〜

 

ME AND MY GIRL(1995年月組ほか)

 

ME AND MY GIRL ('95年月組・宝塚)

ME AND MY GIRL ('95年月組・宝塚)

  • メディア: Prime Video
 

こちらも再演を重ねる人気演目の一つです。今回はあの天海祐希さんがトップスターとして主演をつとめたバージョンをご紹介します。

下町の青年、だけど実は貴族の世継ぎだったビルとその恋人・サリーの恋と成長の物語です。楽しい楽曲が多く、なによりビルとサリーの恋模様にキュンキュンさせられます。ラストには思わずホロリとしてしまうでしょう。

 

めぐり会いは再び(2011年星組)

 

マリヴォーの『愛と偶然との戯れ』を大胆に脚色した、アニメチックな世界で繰り広げられるロマンティック・コメディです。平井堅さんの楽曲もあるよ!!!何よりヒロインの夢咲ねねさんが可愛くて可愛くて仕方がないんだ。「宝塚でこんなことやってもいいんだ!?!?」という驚きもたくさんありますよ。

PUCK(2014年月組ほか)

 

PUCK('14年月組・東京・千秋楽) 月組 東京宝塚劇場

PUCK('14年月組・東京・千秋楽) 月組 東京宝塚劇場

  • 発売日: 2018/02/09
  • メディア: Prime Video
 

こちらはシェイクスピアの『夏の夜の夢』を下敷きにした現代もののミュージカルです。森の妖精・パックと人間の女の子・ハーミアの恋を描くコミカルでロマンチックな物語です。松任谷由実さん提供の主題歌「ミッドサマーイブ」も必聴!こちらもラストは笑って泣けるいい終わりです。

 

 

初心者おすすめ演目〜泣けるやつ〜

 

うたかたの恋(2018年星組ほか)

 

うたかたの恋(’18年星組・中日)

うたかたの恋(’18年星組・中日)

  • 発売日: 2019/10/01
  • メディア: Prime Video
 

古き良き時代のザ・宝塚!!!!!な演目をみたいならこれ!!!!!!!!オーストリアの皇太子・ルドルフ(前述の『エリザベート』にも登場しますね)とマリー・ヴェッツェラの心中物語です。悲しくて仕方がない、でもきっと本人たちにとってはこれが一番幸せだったんだ、そう思いたい、という感情を味わえますよ。

 

 

 

星逢一夜(2015年雪組)

 

こちらは誰一人として救われない物語です。客席のすすり泣きの嵐を昨日のことのように思い出します。

江戸時代中期、身分が違う人々の友情と別れ、恋、そして戦い...誰もが自分の人生を生き抜こうとした、そんな悲しい物語です。

 

クラシコ・イタリアーノ(2011年宙組)

 

こちらは泣ける演目に入れましたが最後は爽やかな気持ちで終えることができるでしょう。

舞台は1960年代のイタリア、スーツ作りに命をかける人々の物語です。職人の想いや人々の絆を魅力的に描き出します。そしてスーツ姿の男役さんがかっこいいんだなこれが。

 

 

 

おわりに

今回は初心者の方におすすめできる宝塚の演目を紹介してみました。どれもこれも魅力的な演目ばかりで絞り込むのにかなり時間がかかりました.......!今後とも様々なテーマで宝塚の演目を紹介していこうと思うので是非また見てやってくださいね。